絹のマフラーWS●募集●東京2017
    はためくストール

2017年、東京で行なう繭から始まるワークショップのお知らせ。
自然物から布を立ち上げる、全工程を体験できるワークショップです。
繭を煮てふわふわの繭綿を作り、植物で色を染め、太くて柔らかい糸をつむぎ、手織り機でマフラーを織ります。
早い人は12月に完成。
出来上がったマフラーは暖かくて軽い、そして柔らかくチクチクしません。


日程●制作場所
日程|初回=2017.9/2土 11:00-16:00
2回目=10/21土 11:00-16:00
3回目=11/18土 11:00-16:00
4回目=11/19日 11:00-16:00
場所|TEORIYA 東京都千代田区神田小川町2-8扇ビル5F
問合・申込|022-272-4679 結工房 仙台市青葉区堤町3-4-16


初級講座●手つむぎで緯糸をつむぎ、マフラーを織る。
マフラーサイズ|17cm×150cm
9月|精練:繭を煮て繭綿を作る
10月|染色:繭綿を草木で染める
11月|紡ぐ:繭綿を紡いで糸にする
   機立て:経糸を整経して織機にセットする。
11月|織る:紡いだ糸を横糸にして織る。


価格
講習料|25,000円
材料費|繭3,000円、縦糸800円
卓上機レンタル代|500円/10日(1台の機を順番に使う)

    ワークショップ1回目、精錬の風景
    ワークショップ1回目、精錬の風景
    ワークショップ1回目、精錬の風景

中級講座●紡ぎ機を使って細めの緯糸を紡ぎ、マフラーを織る。
マフラーサイズ|32cm×160cm
9月|精練:繭を煮て繭綿を作る
10月|染色:経糸と繭綿を草木で染める
11月|紡ぐ:紡ぎ機を使って糸を紡ぐ・手で紡ぐ
11月|機立て:経糸の整経・経糸のセット後、自宅で織る。


価格
講習料|30,000円※ただし紡ぎ車・卓上機持ち込みの場合は25,000円
材料費|繭5250円、経糸1,600円
卓上機貸出の場合|1,000円/10日

    染め材の採集
    ススキで黄色を染める
    草木染めの風景
    染め上がった真綿

上級講座●紡ぎ車を使って経糸を紡ぎ、経・緯糸ともに繭からつむいだ糸でマフラーを織る。
マフラーサイズ|17㎝×150㎝(切り繭175g)
研究科1|紡ぎ車を使って帯用の細い紡ぎ糸を作る。
研究科2|真綿を作り、そこから着尺用の細い糸を紡ぐ。


価格
講習料|25,000円(全3回)※ただし紡ぎ車・機持ち込みの場合は20,000円
4回目希望の場合は+5,000
切り繭|1,500円/50g

    糸を紡ぐ
    機にかける
    はためくストール

TEORIYAの閉廊に伴い、この会場で行なう「繭からWS」は今年で最後となります。仙台を拠点にする結工房にとって遠方の地、東京でこのWSが10年続けてこれたのは、オーナーの多田さんのご厚意と日本の養蚕の危機的状況に対するご理解があってのことでした。日本の養蚕について知ってもらいたい、繭から糸を作る技術を伝え残したい、またその自由さ楽しさを伝えたいという思いは強くあります。今後も東京でWSを開催する機会を探しています。是非ご一報ください。

2017,08,03