絹のマフラーWS●募集●仙台
    繭から始まるWS。繭から糸を紡ぎ、草木で染め、絹の布を織るワークショップ。

今年の冬に向けて、絹のマフラーを織る長丁場のワークショップです。繭を煮てふわふわの繭綿を作り、植物で色を染め、太くて柔らかい糸をつむぎ、手織り機でマフラーを織ります。早い人は9月に完成。


●内容
日程|初日=2017.5/20土 10:00-16:00
場所|結工房
問合・申込|022-272-4679(吉田)
※1回目(精練)の日程だけ決めましたが、その後は参加者の話し合いで決めます。基本的に月1回、土日です。


初級●手つむぎで緯糸をつむぎ、マフラーを織る。
サイズ|17cm×150cm
5月|精練:繭を煮て繭綿を作る
6月|染色:繭綿を草木で染める
7月|紡ぐ:繭綿を紡いで糸にする
8月|機立て:経糸を整経して織機にセットする。
※卓上機をお持ちの方は、ここまででその後は自宅で織る。
9月~|織る:高機を使い、紡いだ糸を横糸にして織る。卓上機をお持ちで無い方は当教室の機を順番に使用する。
価格
講習料|20,000円
材料費|繭2,000円、縦糸800円
高機使用の場合|1,000円/1時間


中級●紡ぎ機を使って細めの緯糸を紡ぎ、マフラーを織る。
マフラーサイズ|32cm×160cm
5月|精練:繭を煮て繭綿を作る
6月|染色:経糸と繭綿を草木で染める
7月|紡ぐ:紡ぎ機を使って糸を紡ぐ・手で紡ぐ
8月|紡ぐ:紡ぎ機を使って糸を紡ぐ・手で紡ぐ
9月~|機立て:順番に一人1台の卓上機を使用。経糸の整経・経糸のセット後、自宅で織る。
価格
講習料|25,000円
材料費|繭3,500円、経糸1,600円
卓上機貸出の場合|1,000円/10日

    庭で染める
    蚕と繭
    月見草染
    茜で染めた繭綿
    糸をつむぐ
    繭から始まるWS。繭から糸を紡ぎ、草木で染め、絹の布を織るワークショップ。
2017,04,05