結工房について
結工房では、採集、糸紡ぎ、草木染め、手織りを行なっています。これまで「何も無いところから布を作る技術」を研究してきました。その技術を用い、製品づくり、教室やワークショップ、研究機関と連携した技術開発やサンプルづくりを行なっています。
YUIKOUBOU_MG_0048 2
結工房で作る糸

丸森町の歴史を調べていて、南東北で作られてきた自家用布の糸に出会いました。その特長を生かして2種類の糸を作りました。

奥州座繰糸
繭は通常、保存のために高温乾燥させますが、それによって損なわれることも多くあります。農家から直接送ってもらいすぐ糸にする(生引き)ことで、染まり付きの良い艶のある美しい糸ができました。また、丸森では、奥州座繰りという東北地方独自の古い製糸の技術が、伝えられてきました。人の手で繰られた(座繰り)糸は無理な張力がかからず、健全な伸縮性が保たれます。
 そして奥州座繰りの特徴である、馬の尻尾の毛の下をくぐらせることによって、糸は扁平になり力強い輝きを放ちます。奥州座繰り糸では、着尺や帯を制作しています。
繭綿手つむぎ糸
高度成長期以前、養蚕農家では出荷できなかった繭も、真綿やつむぎ糸にして大切に使いました。真綿にしてから精緻な糸をつむぐ地方もありますが、奥州では繭を煮て蛹を取り出しただけの繭綿から糸をつむぎました。繭1個ごとにつなぐので、いかにも手作りの、ふんわりした糸になります。
結工房では、繭綿の状態で草木染めをします。内側と外側では染まる濃さが違うので、自然な濃淡が出るのです。その糸味を生かした太めの糸につむぎ、肌触り抜群のマフラーやショールを織っています。
繭から糸をとる。
繭について

絹布は蚕が作る繭を原料としています。
結工房では宮城県(丸森町・南三陸)産の繭を使用しています。宮城県丸森町は福島シルク地帯の流れをくみ、江戸時代から養蚕の産地として栄えた町でした。養蚕は製糸、織りまで含めた農家の副業で、藩の特産品になるほど、高度で洗練された織物が織られていました。今も養蚕農家が、阿武隈川沿いの集落に十数軒残っています。30代の養蚕農家の方もおり、平均年齢が比較的若い養蚕地帯です。
結工房では微力ながら、養蚕の存続に貢献できるよう、ワークショップや研究機関のお手伝いなど、様々な活動を行なっています。

藍の木地染
自然染料で色を染める

二千年前のアンデスの出土品や奈良時代の正倉院の収蔵品は、すべて自然染料で染められています。本来は、科学染料よりも長く色を留めることが可能な染色方法だと考えています。
基本的に家の庭や山へで染料を採集しています。実験的に木材など、繊維以外への草木染めを試みています。

機織
布を織る

結工房では職人的な技術をベースとして、伝承されてきた織りの技法を使って布を織っています。

繭からマフラーを織るワークショップの様子
技術を伝える

自家用布の制作のための染めと織りの教室をしています。
衣服が手軽に買えるものとなったのは、高度経済成長期以降のたった50年のことです。それまでの日本は、自給自足の生活が一般的で、衣服は家の中で作られていました。職人でも芸術家でもないはずの自家用布の作り手たちは、現代の職人をはるかにしのぐ腕前です。そうした地域に根ざした染織の技術を掘り起こし、次世代に繋げたいと思っています。
詳しくは、こちら(Workshop)をご覧ください。

IMG_2179
フィールドワーク

布の本質を探して歴史を紐解き、興味の引かれるままに調べて歩きたいと思います。
詳しくは、こちら(Fieldwork)をご覧ください。

お手入れ
繭綿手つむぎ糸製品のお手入れ

絹はとてもデリケートな繊維で、使っていくうちに目減りして糸が痩せてゆきます。それは欠点でもありますが、その性質によって使うほどに風合いが良くなるのです。
羊毛のように一定の風合いを保つのではなく、経過とともに次第に風合いは良くなり、その後、ゆっくりと痩せていきます。目減りは扱い方によってある程度防げます。洗濯は手洗いも可能ですが、ドライクリーニングをお勧めします。

草木染め製品のお手入れ

草木染めは年月とともに色が歳を重ね、人と同じく老いてゆくものです。洗濯のときにちょっと気をつけるだけで、退色ではなく色が成熟してゆきます。
草木染めが一番弱いのは、日光です。洗濯に際しては、個別に中性洗剤での手洗いかドライクリーニングをお勧めします。必ず陰干しにしてください。